第1回目のテーマは

ずばり!
インプラントは必要か?不要か?

狭川 正


 歯科診療においてしばしば議論されることに「インプラントは是か非か」のテーマがあります。私はインプラントを肯定します。一般的に言われるインプラントの功罪をならべてみます。

 功すなわちメリットは、

 

1. 機能性が優れている。

 

 

自分の歯と同様に機能する。

 

2. 健康な歯へ負荷をかけない。

 

 

他の健康な歯を削ったり、傷つけることがない。

 

3. 審美面や精神面から優位性がある。

 

 

自然な歯と遜色ない。


 一方、罪すなわちデメリットは、

 

1. 安全性に対する不安。

 

 

怖い。

 

2. インプラントを施術することにより骨や顎に不具合が発生しないか。

 

3. 高価である。


 等々がそれぞれの立場の意見です。

 これらの点を含めて私の考えを述べます。

 私がインプラントをお勧めするもっとも大きな理由は「健康な歯への負担が少ないかあるいは全く負担をかけない」ことです。本来健康である歯をブリッジや入れ歯を調整するために削ったり、加工することは忍びないものです。「出来るだけ健康な歯はそっとしておきたい」という のが私の治療理念です。

 また、機能的にもとても優れています。これは、治療の基礎原理を考えると理解できます。自然の歯と同様にしっかり噛むことができます。そして、見た目にも自然の歯と変わりませんので入れ歯やブリッジと違って大きな口をあけても不自然ではありません。当然、精神的にも義歯の「負い目」はなくなります。

 このように良いことづくめのインプラントですが、確かに暫く前には敬遠された時期もありました。それは、何よりも安全性に不安があるということが理由でした。確かに、当時は治療に対するコンセンサスが不統一でした。しかし、近年では治療環境が整っています。インプラント分野の学術研究や治療トレーニングなども整備されています。十分に正しい術式(治療手順、手術方式)で実施すれば全くといって不安はありません。

 なかにはインプラントに適さない人もいます。たとえば、全身疾患があるような患者さんや顎の骨の量が少ないなどの場合です。このような事も昨今の治療では十分考慮をするようになってきています。つまり、事前検査などで治療適性を慎重に調査します。そして、骨の量が少ない場合などは骨を造成する技術も成熟しており、造成により強化された骨を基礎にインプラントを施行します。 また、術後のアフターフォローについても十分に留意します。

 インプラント反対派のもうひとつの意見に、「インプラントは費用が高い」ということが言われます。全般的に入れ歯やブリッジの治療は、治療の頻度が高い場合が多いようです。何故なら、入れ歯やブリッジは他の歯の健康状態による影響をうけるからです。また、入れ歯やブリッジは使い勝手がなかなか理想とうりにならない場合が多いものです。このような理由で度々入れ歯やブリッジの治療を行う費用や時間を考慮すると、 インプラントの費用がそれほど割高とも言えません。

 歯科医治療に限らず、昨今の風潮を考えますと「健康な歯を守る」という基本コンセプトが絶対的に浸透しつつあります。その意味からも今後は、インプラント治療を積極的に取り入れることが必要になってくるように思います。


[TOPページへ戻る]

狭川歯科医院

〒542-0081大阪市中央区南船場4-2-4日本生命御堂筋ビル
TEL:06-6253-1515/FAX:06-6253-2626
診療時間:AM9:00〜PM6:00
休診日:土、日、祝日
最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口
Mail to: info@sagawa-dc.com
©Sagawa Dental Clinic Since 1999.All rights reserved.