虫歯は進行の具合によって症状も治療も様々です。このページでは虫歯の進行度を簡単に説明をしてみました。

C0  初期虫歯

 歯の表面のエナメル質が透明感を無くしています。無痛で、穴も開いていない状態です。

C1  エナメル質が溶け出す初期の虫歯

 エナメル質が溶けて浅い穴ぼこが出来た状態です。まだ症状は出ません。

C2  象牙質に侵攻

 虫歯がエナメル質の下の象牙質にまで侵攻したもので、甘いものや冷たいものがしみたりします。

C3  歯髄にまで侵攻

 虫歯が象牙質も破壊し、歯髄にまで達しています。症状は、歯髄への感染の程度により痛み具合は様々です。
 また、以前の治療で歯髄(歯の神経)を除去した歯が、再び虫歯にかかったときもC3に属します。

C4  残根状態

 虫歯により歯のほとんどが無くなり、さらに歯の根っこまで虫歯は侵攻しています。この状態からは、歯を残すことは不可能なため抜いてしまいます。


[TOPページへ戻る]

狭川歯科医院

〒542-0081大阪市中央区南船場4-2-4日本生命御堂筋ビル
TEL:06-6253-1515/FAX:06-6253-2626
診療時間:AM9:00〜PM6:00
休診日:土、日、祝日
最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口
Mail to: info@sagawa-dc.com
©Sagawa Dental Clinic Since 1999.All rights reserved.