歯の素材・保険適応について
一般治療
歯周炎・歯周病治療
部分義歯・総義歯
コーヌステレスコープ
ブリッジ
インプラント
ブリーチング
ポーセレン・ラミネートベニヤ
矯正
装飾
レーザー治療

治療に関する素材、保険適用の有無について
(2001年4月現在)

名称

特徴

参考

フィッシャーシーラント

フッ素含有光重合型小窩裂溝封鎖材材料劣化を伴うこくとなく、長期に持続性のあるフッ素放出が可能です。塞いだ歯の面を丈夫にします。

光重合型複合レジン充填

削った所を埋める物で、歯に近い色で、最近では、かなり材質が良くなってきています。前歯、奥歯の小さい虫歯の修復に向いています。

硬質レジン前装冠

前歯に限り認められています。金属の冠の前側を白く細工をして表からは白く見えます。ブリッジにも使用できます。噛む面は金属なので変色、破折、磨耗、噛耗に優れていますが、表側の部分は横磨きに弱いため、研磨材の多く入った歯磨き粉は避けてください。内冠は金パラジウム合金です。

金属冠
(金パラジウム)

小さな奥歯と大きな奥歯に被せる冠で、広範囲の虫歯治療に多く使用され、ブリッジにも使用されます。

レジン床義歯

一般的に使われている保険の義歯です。通常のレジンで作られています。


名称

特徴

参考

セラミックス前装冠

貴金属を使用した内冠にセラミックスを焼き付け、天然の歯に似せた人工歯です。変色、磨耗、噛耗に強く特に艶が良いことが特徴です。
価格10万円/1歯

ハイブリッドセラミックス
オールセラミックス

詰め物、被せ物、両方に使用出来ます。口にもなじみやすく自然な美しさを表現でき、材質が天然歯のエナメル質と同じくらいの硬度で摩耗しにくく、変色もありません。審美歯科の素材でも最高峰になります。種類によっては金属を使わないでブリッジにする事もできます。
価格5万〜15万円/1歯

金属床義歯

主にコバルトクロム合金を使用しています。上顎(上あご)に当たる部分に金属を使用する事により、義歯床を薄く強固にでき発音、装着感が良いです。金属の性質は熱の伝導性が良いので、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく感じます。

コーヌス・テレスコープ

残った歯に内冠と外冠をかぶせる二重冠構成で,義歯のささえにします。デンチタン(チタン 含有のコバルト合金)という金属で外冠を作ると、セラミックのテレスコープ義歯を使用出来るので、外観的にも自然歯の様に見えます。

インプラント

インプラントは、人口歯根療法とも言われ、失った部位に、天然の歯根部分の代わりとする人工根を埋め、その上に人工歯を固定する療法です。インプラントは再び咬む機能を回復させるだけでなく骨の減少を防ぎ健康な顎の状態の維持を促します。

歯周組織再生誘導法
(GTR法)

重症な歯周病により深い歯周ポケット(盲嚢)を有する症例に対して、GTR膜を装着する歯周外科手術を行うことにより、歯根膜や歯槽骨を再生させ、審美性の改善や咀嚼機能の回復を図る治療法です。
治療の一部(検査・投薬等)には保険が適用されます。


[TOPページへ戻る]


狭川歯科医院

〒542-0081大阪市中央区南船場4-2-4日本生命御堂筋ビル
TEL:06-6253-1515/FAX:06-6253-2626
診療時間:AM9:00〜PM6:00
休診日:土、日、祝日
最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口
Mail to: info@sagawa-dc.com
©Sagawa Dental Clinic Since 1999.All rights reserved.