歯の素材・保険適応について
一般治療
歯周炎・歯周病治療
部分義歯・総義歯
コーヌステレスコープ
ブリッジ
インプラント
ブリーチング
ポーセレン・ラミネートベニヤ
矯正
装飾
レーザー治療

一般治療(虫歯/歯根/神経治療)

虫歯診療ステップ


C0

 正しい歯磨き指導を受けましょう。フッ素入りの歯磨き剤等の積極的な利用やフッ素塗布、奥歯の溝を樹脂で予防充填して下さい。定期的に検診を受け、虫歯の進行状態をチェックしましょう。


C1

 虫歯部分を削除後、樹脂(レジンと言います)や金属で埋めてしまいます。


C2

 虫歯部分を削除後、詰め物(虫歯が広範囲の場合は被せもの)がし易いように、歯の形を整えます。虫歯の深かったところは、歯髄を保護するため薬を詰めます。


C3

 既に虫歯菌が、歯髄腔にまで侵入してしまい、歯の中は感染しています。状態により治療期間は変わりますが、歯の根っこの治療が必要です。


C4

 残念ながら歯をぬかなければなりません。抜歯した後は歯が無いままではいけませんので、義歯を入れる事になります。


神経治療って?

 歯には神経や血管が通っています。虫歯菌が神経に感染してしまったら、神経を抜いてしまわなければいけません。なぜなら、放っておくと、菌が根の先の方に貯まって膿になってしまうからです。
 また、ケガなどにより歯の神経を切ってしまった場合など、神経の治療だけを行なうことがあります。

歯の根っこの治療(歯根治療)って?

 虫歯の進行による細菌の侵入や、根っこの外への感染と痛みを防ぐために、歯髄を取り除き歯の中をきれいに消毒した後、歯の根(歯根)の治療をします。また、神経をとってしまったあとの管を通して細菌が侵入し、化膿して根の先の骨をとかしながら炎症を起こしてしまった場合にも治療が必要になります。


歯根治療 診療ステップ

 神経を抜き空洞となった歯根の管を完全に清掃消毒し菌を殺す薬をつめます。これを繰り返し菌を完全に除去できたところで最終的な薬を詰めて密封します。

 大きく深い虫歯のため歯のほとんどを失ってしまった場合、土台を建てて冠を被せます。

 出来上がった被せものを調整し、接着剤で歯に固定します。



[TOPページへ戻る]

狭川歯科医院

〒542-0081大阪市中央区南船場4-2-4日本生命御堂筋ビル
TEL:06-6253-1515/FAX:06-6253-2626
診療時間:AM9:00〜PM6:00
休診日:土、日、祝日
最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口
Mail to: info@sagawa-dc.com
©Sagawa Dental Clinic Since 1999.All rights reserved.