歯の素材・保険適応について
一般治療
歯周炎・歯周病治療
部分義歯・総義歯
コーヌステレスコープ
ブリッジ
インプラント
ブリーチング
ポーセレン・ラミネートベニヤ
矯正
装飾
レーザー治療

矯正

What's Why 矯正

 歯をあごの骨の中で長い時間をかけて少しずつ動かし、悪い歯ならびを正常な状態に治すのが矯正治療です。矯正装置を使ってゆっくり動かし、動いた後は固定するまで待つので、症状によって治療期間は異なります。

 悪い歯並びの場合、見た目の問題だけでなく、正常な発音ができなかったり噛み合わせの悪化による顔の対称性の損失、頭痛・肩こり・腰痛、虫歯や歯周病になりやすいなど身体の健康にまで影響を及ぼすことがあるといわれています。

どんなとき、どんなひとが 矯正

 どんな難しい歯並びも、矯正ではゆっくりと時間をかけることにより、人体に無害で健康な噛みあわせ、綺麗な歯並びを治すことが出来ます。

※子供の矯正
 一般に矯正治療は永久歯が生えそろってから始めると考えられがちです。しかし、悪い咬み合わせは乳歯の時期にも、乳歯から永久歯に生えかわる時期にも起きます。美しい歯ならびを阻害されたときに、タイミングよく治療しておけば、後に長期的な矯正治療をしなくて済むケースもあります。

※大人の矯正
 成長期の症状に比べ歯の移動速度は遅く、一般的に成人期の治療の方が長引きやすいということはあります。その反面、顎顔面部の成長発育能力はほとんどないため歯の移動計画を立てやすいです。また30代、40代以後でも歯並びを矯正することは可能です。

基本的にどんな方でも矯正は受けられるのですが、中には矯正治療が受けられない方もいます。

※治療に適さない患者さま

  •  歯肉の状態が悪い方(重度の歯槽膿漏の方)
  •  外科的矯正の必要な方(あごの骨が極端に大きい方は顎を削り小さいと移植しなければいけないため外科治療と矯正治療の併用となります。)
  •  金属アレルギーの方でも、治療が可能です。ただし治療開始に対しては皮膚科の先生方からの意見を参考にしてください。装置は前歯にセラミックを、奥歯には生体親和性の高いチタンの矯正装置などを使い治療します。事前にアレルギー反応を示す金属を検査し、該当する金属を含んでいない装置を選ぶことで対応しています。

  • 診療ステップ


    矯正装置の装着

     歯の表面もしくは裏側から治療に適した矯正装置をセットします。装置装着中は、月に一度の動的治療の調整が必要です。歯みがきがうまく行われているかどうか、歯が順調に動いているかどうかなどについてもチェックします。治療期間は歯並びの状態や開始時期によって個人差があります。


     矯正装置
    取り外し

     念願の矯正装置がはずれるときです。多くの患者さんはこの段階で、もとの歯並びのことは忘れているはずです。ナソヘキサグラフやオクルーザーといった機器で、かみ合わせの機能がどれだけ向上したかを測定します。


    保定期間

     歯牙は、骨の内を少しずつ移動していきますので、正しい位置に移動し終わった後も、骨がしっかり固まり、固定されるための期間が必要です。これを保定期間といいます。この期間は保定装置(リテーナー)という、取り外しが可能な装置を使用します。


    BEFORE

     

    AFTER

     

     



    [TOPページへ戻る]

    狭川歯科医院

    〒542-0081大阪市中央区南船場4-2-4日本生命御堂筋ビル
    TEL:06-6253-1515/FAX:06-6253-2626
    診療時間:AM9:00〜PM6:00
    休診日:土、日、祝日
    最寄駅:大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口
    Mail to: info@sagawa-dc.com
    ©Sagawa Dental Clinic Since 1999.All rights reserved.